たまモニバナー

たまモニアンケート集計結果

実施期間 2016年2月4日から2月15日まで
テーマ 「自宅近隣または利用している商店街について」について
回答数 45件
ご協力ありがとうございました。集計結果は以下をご覧ください。


     Q1 性別を教えてください。  
     
     Q2 年齢を教えてください。  
     
     Q3 職業を教えてください。  
       
     Q4 ご自宅の住所を町名まで教えてください。  
         回答は省略します。  
       
     Q5 府中市にどれくらいの期間住んでいますか?  
     
     Q6 世帯構成を教えてください。  
     Q7 通勤・通学先を教えてください。  
       
       
       
  ご自宅近隣の商店街の認知やご利用状況についてお尋ねします。普段ご自宅近隣の商店街を利用する方、利用しない方とも、その理由を教えてください。   
       
     Q8 ご自宅の近隣に商店街はありますか?  
       
     Q9 ご自宅近隣の商店街は通勤・通学の経路上にありますか?  
       
     Q10 ご自宅近隣の商店街には日常生活に必要な商品・サービスは揃っていますか?  
       
     Q11 ご自宅近隣の商店街で買い物する頻度を教えてください。  
       
     Q12 ご自宅近隣の商店街を利用するには、どのような条件が重要だと思いますか?もっともあてはまるもの3つをお選びください。  
       
     Q13 ご自宅近隣の商店街に開店してほしい、もっと増えてほしいと思うお店はなんですか?あてはまるもの全てお選びください。  
     
     Q14 ご自宅近隣の商店街で足りないものは、主にどこで購入していますか?もっともあてはまるもの3つまでお選びください。   
       
     Q15 総合的にみてご自宅近隣の商店街への満足度を教えてください。  
     
    その他には、「近隣といっても最寄りのスーパーより遠いので、ほぼ利用していない」「気に入って利用していた個人店が、その家の事情により閉店してしまうと、とても残念に思います。「商店街の努力」には満足しています」などがありました。   
       
       
  ご自宅近隣の商店街へ足を運ぶきっかけとなるような、利便性を感じる点、改善を求めたい点についてお尋ねします。   
       
     Q16 営業日について利便性・改善を求めたい点を教えてください。  
       
    その他には、「 どこもかしこも年中無休じゃつまらない」「最寄りの駅までいかなければ、ならないので、近くに欲しい」などがありました。  
     Q17 営業時間帯について利便性・改善を求めたい点を教えてください。もっともあてはまるもの2つまでお選びください。   
     
     Q18 広告宣伝の手法について利便性・改善を求めたい点を教えてください。もっともあてはまるもの2つまでお選びください。  
     
     Q19 提供される商品・サービスについて利便性・改善を求めたいものは何ですか?もっともあてはまるもの3つまでお選びください。  
       
    Q20 その他のサービスについて利便性・改善を求めたいものは何ですか?もっともあてはまるもの3つまでお選びください。  
     
    その他には、「HPやメールマガジンでの割り引きクーポンの発行」がありました。   
    Q21 施設面での利便性・改善を求めたい点を教えてください。もっともあてはまるもの3つまでお選びください。  
       
    Q22 商店(街)と消費者の交流を深めるために必要だと思うことを教えてください。もっともあてはまるもの3つまでお選びください。  
       
       

    Q23 商店街に関するご意見・ご要望を教えてください。  
    ・商店街があるとスーパーと違って、人との交流、お店の人とのコミュニケーションなどがあって良いと思います。  
    ・気楽に立ち寄れる地域カフェがあるとよい。   
    ・肌着などの衣料品や学童年齢の洋服などを買える店舗を誘致してほしい。   
    ・大型店舗があることで商店街はとても苦戦していると思う。もっと行政が後押しするなどして個性ある店舗を展開しないと閉店に追い込まれてしまう。   
    ・商店街というほどの店舗がないせいか、一体感がなく、店同志のつながりが全く感じられない。商店街としての取り組みをしていほしい。   
    ・閉店する店舗が多く寂しく思ってます。仙川駅周辺のようなオシャレな商店街が府中にも出来るといいと思います。   
    ・大型スーパーが出来ていますが、商店街での買い物は掘り出し物・お得品がありそうなので、商店の方々宜しくお願い致します。   
    ・ホームページにアクセスする機会はあまりないが、メルマガであれば目を通すのでイベントや特売などの情報を得やすい。   
    ・行政の支援も受け、空き店舗等を利用した地域交流拠点を設けて運営はボランティアに任せる。機能としては交流及び買い物弱者支援機能などを持たせる。   
    ・商店街に品揃えがあるのにあまり知られていないのでは?商店街に所属している商品等のPRが必要では、、、   
    ・スーパーにない個性ある店舗があれば魅力的。   
    ・晴見町商店街はよくイベントを行うなど、活性化の努力を感じます。ただ、個人店ならではの事情(跡継ぎなど)もあり、安定してこの先も店が続くか、商店街が衰退しないか、少し心配です。商店街の活性化のためには、自分たち近所の消費者が、できるだけ商店街の店を利用したいと思います。でも、やっぱり、品揃えが豊富で安価な品をあつかう大型店(ホームセンターやスーパーなど)を利用する機会も増えています。一方で、車を持たず足の弱い高齢者や子どもには、近所の店が並ぶ商店街はとても大切だと思います。   
    ・なんとなく用がなくても毎日ぶらっと行って、目についた物を買ってくるような雰囲気の商店街が近くにあるとうれしい。新鮮でお買い得な惣菜がたくさんあったり、簡単なおやつなど、家計にやさしいお店がほしいです。   
    ・特徴を出せば活気が必然と出てくるし、近隣以外からも人が集まる。   
    ・昨今、スーパーやネット宅配を利用する人が増え、街の商店街は年々寂しくなっています。肉屋、魚屋、パン屋など小売店が閉店し、さみしく思います。各小売店がアピールできる店一番の売りを作ったり、商店街のHPで宣伝したり(もうされている所もあるかと思いますが。)いろいろ考えて行かないと難しい時代だと感じます。   
    ・普段の生活の消費品購入に関し、コンビニ・中型店・大型店がメインとなってる今、「商店街」の存在意義は残念ながら薄い。ただし、専門性の高い品物を扱う商店はあるとうれしいし、今後も存在し続けてほしい。例えば魚屋・肉屋・豆腐屋・自転車屋・床屋・布団屋など。   
    ・コンビニには無い、地元の野菜や、個人商店ならではの利便性があり、遠くでも行って良かったと思えるようなイベントの情報があまりないので、駅のポスターなどでも良いので、宣伝してください。   
       
    ・・・など、たくさんのご回答ありがとうございました。   
       


    皆さまのご意見を参考にさせていただき、本所事業の改善や街の活性化に努めてまいります。  


ご回答ありがとうございました。


本アンケートのお問い合わせは
tmoni@tama5cci.or.jp