たまモニバナー

たまモニアンケート集計結果

実施期間 2015年11月2日から11月15日まで
テーマ 「暮らしとロボット」について
回答数 36件
ご協力ありがとうございました。集計結果は以下をご覧ください。


 Q1 あなたがロボットと聞いてイメージするキャラクターはどれですか?(複数回答)
    【年代別】  
     
    【男女別】  
     
     鉄腕アトムをイメージする方が多いことがわかりました。  
       
 Q2 あなたが期待するロボットはどれですか?(複数回答)
    【年代別】  
       
    【男女別】  
       
その他には、人の行動すべてを代行、もしくは共同して行うロボットなどがありました。
    「災害時にがれきの撤去などで活躍するロボット」が最も多く、次いで「介護やリハビリを補助するロボット」となりました。女性は子どもや高齢者の見守り等よりも、買い物の荷物運びを手伝ってくれるロボットが良いようです。  
     
 Q3 あなたが自分の親族等を「介護する側」になったとき、介護用ロボットを利用したいですか? (単数回答)
【男女別】
     
     
   Q4 Q3で「あまり利用したくない」「利用したくない」とお答えになった方にお聞きします。その理由は何ですか?   
    ・実際に、ロボットを相手にするのはどうなのだろうと思う、利用する側(介護される側)の気持ちを聞いてからにしたい。
・体力的には使いたいのですが、介護には心の通い合いも大事なのです。使う仕事を分けたらいいかな。
・まだ安全性などが信用しきれない部分があるから。 
       
   Q5 あなたが「介護される側」になったとき、介護用ロボットを利用してほしいですか?(単数回答)  
    【男女別】  
     
     
   Q6 Q5で「あまり利用してほしくない」「利用してほしくない」とお答えになった方にお聞きします。その理由は何ですか?   
    ・加減ができなさそうな気がするから。
・何をしてくれるか未知な部分があったら怖いため。
 
 

      Q7 あなたの理想のロボットをお聞かせください。(非現実的なものでも構いません)  
      ・今後親の介護が身近な問題として差し迫っているので、力仕事をやってくれるロボットが理想です。たとえば、寝たきりの老人をベッドからおろす、排泄の介助をしてくれる。認知性の徘徊行為を見守るなど。  
      ・自分が介護される立場になったとき、家族の負担にならないような生活を補助してくれるロボット。  
      ・賢いけれど私より下でいてほしい。  
      ・我が家の場合、犬の介護が先に来そうなので、犬の介護の補助ができるモノ。寝たきりになった犬の床ずれ防止に寝返りをさせるのがあると助かる。犬は皮膚が薄くて床ずれになりやすいそうですが、24時間看護はなかなか大変そう。人の寝返り補助ロボットの実験品としてでイイので犬用のモノを作ってくれないかなぁー。  
    ・仕事の嫌(精神面)なことを察知し、引き受けてくれるロボット。  
      ・寝たきりの人のそばに付き添い、話し相手、清拭、食事の世話など、臨機応変に介護できるロボット。  
      ・庭および家周りの掃除、植木選定など実施してくれるロボット。 今年増えてきたサメ、サメ退治のロボット。  
      ・スプーンで食べさせてくれたりする食事の手助けをしてくれるロボット。  
      ・あくまでも人間の補助としてのもので、人間に似通ったロボットは気持ち悪い。  
      ・話し相手になってくれるロボット。  
      ・炊事、洗濯、掃除、庭の手入れ、など主婦の仕事と思われる仕事を分担してくれるロボット。  
      ・鉄腕アトムみたいな会話も出来て、人間と同じに感情もあって、困った時には代わりに代役をやってくれたりするロボット。  
      ・持ち運べて、スマホ、カーナビ、PCなどの思考や検索、行動を支援するエンジンになるもの。  
      ・本格的な少子高齢化時代の到来を前にして、人間サポートロボットの開発をさらに促進してもらいたい。そのうえで望むことは、人間の感情を理解できるロボットの開発。  
      ・安全で無難に作業をしてくれるロボット。  
      ・人間の補助をしてくれたり、放射能に汚染された場所など人間では危険な場所での作業をしてくれるもの。  
      ・話し相手や癒しの効果があり、作業を助けてくれたら嬉しいです。庭の草むしり等やってくれたら検討したいです。  
      ・冷蔵庫の中身を見て、できるメニューを考えてレシピを教えてくれる。料理をしてくれるロボット。  
      ・テレビ電話的に、こちらの顔や声が見られて、その上で、話しかけながら、介助できるようなロボット、つまり、遠くて実際には頻繁に介護に行くことが出来なくても、その代わりに動いてくれるロボット、でも、画面からは自分の身内がその場にいて話しかけたり、操作してくれるので、気持ちが通じるようなもの。  
      ・恐竜ロボットみたいに化石展示だけでなく、実際に生きていた動物なので復元、再現したことにより、そのロボットを見た子供が将来自然科学の分野に興味を持ってもらえることが教育になる。  
      ・狭い階段の昇り降りができて、重量の軽いロボット。  
      ・感情豊かでありながら充分に知性的なロボット。  
      ・床掃除(磨く)などの仕事をしてほしい。汚れると大変なので2か月に1回の床磨きロボットがほしいな。  
      ・洗濯物をたたむロボット。ルンバをもっと高性能にした掃除機。窓拭きロボット。子供を道で見守るロボット(防犯カメラ)の高性能版。タバコ取り締まりロボット。路上で吸ってる人に水噴射。  
      ・できるかぎり人間に近いほうがもちろんうれしいです。  
      ・ドラえもんそのものが理想。  
      ・人間が負担を感じる部分を、頑張ってこなしてくれるといいです。  
      ・鉄腕アトムのように、人の傍らで役に立つロボット。  
       
      ・・・など、たくさんのご回答ありがとうございました。  


      Q8 その他、何かありましたらお書きください。  
      ・介護用のロボットを増やしてほしいと思う。そしてみんなが気楽に利用できるように値段も安く提供できるようにしてほしい。  
      ・すでに日常生活のなかで、“ロボット”は役にたち始めていると思います。今後は、体力の弱い人や障害のある人の役に立つようなロボットが、もっと増えるといいです。  
      ・ロボットつき賃貸もいいかも。  
      ・1人住まいの方には番犬代わりのようなもの。返事もしてくれたらうれしいかもしれません。  
      ・多少の感情があり、心が通じるようなロボットがいてくれるとうれしいです。  
         
      ・・・など、たくさんのご回答ありがとうございました。  
         


 回答者年代
       
 回答者性別
     
     



    皆さまのご意見を参考にさせていただき、本所事業の改善や街の活性化に努めてまいります。  


ご回答ありがとうございました。


本アンケートのお問い合わせは
tmoni@tama5cci.or.jp